地理の解き方

地理は、日本史と選択する事になります。

地理の方が楽そうだと言う人は地理を選択しても良いでしょう。

地理Aと地理Bとでは、出題範囲、そして内容、レベルもほぼ同じくらいのものとなっており、ほとんどが共通問題となっています。

そして若干は地理Bの方が範囲が広くなっています。

どちらも資料問題が多いとされていて、グラフ、表の解読などに慣れておく必要があると言えるでしょう。

地理A、地理Bどちらについても言えることですが、出題内容については、グラフや地図、写真、統計などを読み取る問題が大半になります。

用語や地名などと言った知識が問われるような問題はほとんどありません。

大検の地理で必要になってくる事は、読み取りの力です。

地図、そして統計といったものは覚えるというものではありません。

そこからの情報を読み取るという事が大切になってきます。

どこに、何が、そして何故あるのか?

世界気候の地図でヨーロッパは何故高緯度でも温暖なのかといったものや、農産物の生産上位の国々の共通点は何なのかといった事も大切です。

大検の地理のほとんどの問題は、きちんと資料を読み取るという事が大切になってきます。

読み取る力を身につけるためには、過去問で訓練をするようにしましょう。

≪PR≫
岡山 日本画買取りといったサービスはご存じですか?地理の勉強も大事ですが、買取りサービスを知っておくと、人生がもっともっと豊かになると思います。

Copyright(c) 2015 問題の解き方 All Rights Reserved.