日本史の解き方

日本史は日本史Aと日本史Bがありますが、日本史Aの標準単位は2単位で、日本史Bの単位については4単位となっています。

単純に考えれば、日本史AはBの勉強量の半分で済むことになりますので、大検の勉強をしている人は大抵、日本史Aを選択するようになっています。

日本史Aについては、近代以降からの出題が多く、日本史Bについては、各時代から比較的均等に出題されるようになっています。

どちらについても、江戸時代以降の出題が多く占めています。

そのため、優先して勉強をしていくようにしましょう。

図、写真、そして資料に関する問題も多くなっています。

そのため、教科書や参考書などで図表を見ておくようにします。

大検の日本史Aは、江戸、明治以降の近現代の問題が中心となっています。

特に幕末以降を中心に学習をしておくようにしましょう。

出題分野については、政治、経済、更には文化など全てが網羅されています。

また、写真や地図、そして図からの出題も多くあり、教科書に載っているような写真、地図、図は、どの時代のものを示しているのか、それを学習するという事が大切になってきます。

やはりこの日本史についても、基礎的な知識を身につけ、過去問を解くようにしましょう。

過去問題は多く解いて出題形式になれる必要があります。

【PR】
遺品整理でお困りでしたら、徳島 遺品整理までお任せ下さい!

Copyright(c) 2015 問題の解き方 All Rights Reserved.