国語 古文・漢文の解き方

大検で出題される国語の古文は、出題のレベルは、中学校から高校の基礎程度のものであるといわれています。

落ちが分かりやすいような説話のようなものもあれば、内容の捉えやすい様な近世の作品もあります。

こうしたものは、登場人物の心情を問われる事が多くなっていますので、誰が何をしたかという事をきちんととらえるようにしましょう。

それだけでも解けてしまうような問題もあります。

敬語は登場人物の人間関係を把握する手がかりともなってくれるでしょう。

そして今のところ、大検では、細かい文法については出題されていないので、古文ではストーリーの理解をする事が大切になります。

この本はわかりやすい内容で、古文の弱い私でも理解できました。

評価も高いのでオススメです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【送料無料】まんが攻略bon!(中学古文)

古文の勉強法については、過去問などを解きながら、重要単語を抑えて、文章全体の流れを捉えるような練習をしていくようにしましょう。

そして、古文特有の言い回しにも慣れていくようにします。

漢文は古文の読解と似た感覚でできるでしょう。

それを読み解くためにまずは返り点や送り仮名といったものの基本を抑えるようにして、訓点に従って、書き下し分にしたりといった練習をするようにします。

また漢文には教訓的な例え話が多くあります。

古文と同様にして全体の流れを捉える事を中心にして過去問を解くようにしましょう。

Copyright(c) 2015 問題の解き方 All Rights Reserved.