英語の解き方

大検の英語は、基本的な内容で出題されるものとなってはいますが、単なる暗記で正解する事ができるような問題となっており、文章の内容把握に重点をおいたような問題となっています。

英語は短期間で修得するという事は難しいもので、大検の中でも数学と並んで合格率は引く科目であると言われています。

まずは過去問を解くことによって、自分の英語の習熟度というものを把握するようにしましょう。

もし70点や80点程度以上の実力があるならば、大検対策としての英語の勉強としては、ほとんど必要が無いと言えるでしょう。

引き続いて、英語の過去問を3年分ほど勉強しておくようにしましょう。

そして今後も大学受験などで英語が必要であると言う人は、英文の構造を、文法面からも理解する事ができるようにしておけば、読解力もさらに増してくれるはずです。

一方で、過去問が全くできずにお手上げ状態であると言う人は、基礎レベルの参考書、問題集で毎日継続的にコツコツと勉強していく事ができるでしょう。

単語は努力をして覚えるようにしましょう。

しかしながら、その努力というものが難しいものとなってしまいます。

単語の基礎的な事が分からなければどうしようもありませんので、一日どのくらいと決めて、それで勉強をしていくようにします。

【PR】
英語の解き方には「コツ」があります。

同じように骨董品を高く買い取ってもらうためには「コツ」があります。
例えば、骨董買取り 山口のように、たくさんの鑑定士さんを抱えている業者さんに依頼するのも一つの手ですよ。

Copyright(c) 2015 問題の解き方 All Rights Reserved.