生物を選んだ人の解き方

生物は、図や写真、そして実験などが含まれる問題が頻出します。

生物は実験や観察などに関する問題を中心にして、全範囲にわたり、基礎的な事項がまんべんなく出題されていると言うのが特徴になります。

そのため、基本的な参考書、教科書を中心とした勉強が効果的となるでしょう。

図については、写真、実験などが含まれる問題が多いので、図説などを用い、具体的なイメージを持って学習を進めていきましょう。

生物の問題のポイントとしましては、細胞観察や浸透圧、そして細胞分裂など、顕微鏡の操作手順、そして流れなどを図を見ながら理解していくようにしましょう。

そして発生の分野については、ウニと蛙の相違点をはっきりさせながら、発生そのもののしくみを理解するようにします。

遺伝ではメンデルの遺伝法則、光合成はグラフの見方、植物のホルモンは実験の確認などを中心として勉強をしていくようにします。

植物、そして動物と、大体同じくらいの問題数として出題がされるようになっています。

いずれにせよ、基礎的な問題から出題されていて、理科が苦手という人であっても十分に解くことができる問題となっていますので、生物は選択がしやすいと言えるでしょう。

少なくとも、物理や化学よりは問題は簡単なものとなっています。

【オススメサイト一覧】
ゴミ屋敷片付け 大分

Copyright(c) 2015 問題の解き方 All Rights Reserved.