化学を選んだ人の解き方

化学は、物質の構成や物質の変化、無機物質から有機化合物などといった、全ての分野にわたって、幅広く基本事項を学んでいく必要があります。

物質の構成、そして物質の変化といったものは、化学Iの基礎ともなってくれるもので、様々な物質を勉強する基礎となります。

そのため、このような分野をしっかりと勉強する事によって、後半にある有機化合物や無機物質と勉強するときは楽になってくれるでしょう。

試験では基本問題が中心に出題されます。

応用的・発展的な内容まで勉強しなくても、高得点を取る事はできるでしょう。

対策としましては、参考書や教科書の太字の部分を中心にして、代表的な物質の性質・特徴をまとめておくようにします。

中学で習う実験も復習をしておくようにしてください。

また、グラフの読み取りにも慣れておくように、参考書や教科書の例題や章末問題、そして過去問などで問題演習をしながら、物質の性質についても確認をする事が大切になってきます。

化学にはグラフの読み取り問題なども出題されますので、こうした問題にも慣れておくようにしましょう。

ちなみに、大学受験の化学は難しい計算問題が出題されますが、大検ではそうした難しい計算問題は出題されません。

Copyright(c) 2015 問題の解き方 All Rights Reserved.